電動管巻き器が完成

 先日、作業途中でストップしていた電動管巻き器を

きょうの午後に仕上げた。というか仕上げてもらった。
元々使っていた電動管巻き器を両サイドから押さえるようにしよう
と思いつき、やっつけ仕事でそこらにあった木を使って土台にする。
そこから実際どうしたら出来るのかを考え考えしてDIYなどで
必要と思える部品などを買い集める。
原理的にはそんなに難しいものではないと高をくくっていたのだが
いざ作業してみるとそれなりに精密さが必要と判り自分ができるところまでで中断。
今日はその最終作業をUNOU furniture workshop の宇納さんにお願いし
仕上げてもらう。丁寧に丁寧に円錐形の部品のセンターを出し、穴を開ける。
いくつもの部品のセンターを出しては穴をあけベアリングを埋め込んだり
留め金を打ち込んだり。とにかく丁寧に繊細に作業をしてもらう。
僕はただ横で眺めているだけ。そして小一時間程で思っていたように
出来上がり、うまく働いてくれるようになった。有り難い。
やはり餅は餅屋、帰りしなに宇納さんがぽろりと一言。
「もう少し最初にちゃんと設計しなくっちゃ」と云われました。
確かにこれが織り物であれば僕も同じことを云っただろうと思う。反省。
しかしその道の専門家は尊敬に値する、、。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です