抽象模様の帯

 

きものSalon 2013-14秋冬号
上記の雑誌の特集の中で以前つくった帯を取り上げて頂きました。
青山 八木さんにお渡ししていた帯ですがどなたに買って頂いたのかな?と思っていたものですが今回の特集で森田空美さん(きもの研究家)に買って頂いていたことが判明。
あわせていただいた紬のきものとストールに助けられてとてもしっくりした感じに見えます。
涼やかな秋風を感じる季節にぴったりという表現がよくわかる組み合わせにしていただきました。有り難いことです。
IMG_0546.jpg
実は私はきものの世界には全くの門外漢なので染織に永年関わりながらもきものや帯からは
避けて通ってきていました。しかし数年前に青山 八木さんに出会い、うまいこと褒められ煽てられて帯をつくるようになりました。それまでやっていた壁面を飾る小さめのパネルの作品を指して「こういうものが帯のお腹の部分と太鼓のところにあればそれで十分という八木さんの言葉を真に受けつくり始めました。やってみると面白い。今までの平面的なものから少し立体的に見せれること。締め方や少しずらすことによって見え方も違ってきます。これまでの自分がすべて
どう見せるかを決定していたものが、ある程度身につける人に委ねるということで自分が想定していたものとは違うことにもなりうるおもしろさがあります。多分、きもの世界をよくご存知の人たちからすればとんでもなく非常識なものをつくっているのかも知れませんが、私は相変わらずその世界を知らないまま、今までの壁面をお腹と背中に切り替えて私の目指す美を探し求めています。そして、毎日とても楽しんでいます。

抽象模様の帯” への1件のコメント

  1. 森田空美さんのこの帯も素敵です♪
    青山八木さんでの冨田さんの個展で帯を分けていただきましたが、どの着物にも合わせやすく、お太鼓がとてもきれいに決まるのです。二枚目がほしいです^^;;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です