婦人画報に帯が掲載されました

10月号の籠特集の中に登場します。
今回はきものにあうかご、あるいはきものを引き立てるかごの中で
私の帯を使ってもらいました。
こっくりとした色合いの紬のきものに大胆な柄の帯でしたがうまくあっています。
最近は以前にも増して楽しく仕事をしています。ありがたいことです。
IMG_0671.jpg
IMG_0670.jpg
 

ホームページが削除されてしまいました。

私の不注意でホームページが削除されてしまいました。
毎日のように入って来る迷惑メールと一緒にサーバーからの連絡メールを見ずに削除していたようで、
サーバーの使用料金をすっかり払い忘れていました。その結果私のホームページはデーターを削除されてしまい
まったく見ることができなくなりました。すみません。残念です。
しかし近い内に何らかの方法で復活させるつもりですのでそれまで今ひとつお待ちください。
以上気象がというか、これが正常な気象になりつつあるのかもと思われますが
毎日35度以上の気温が続いています。みなさん、熱中症などにお気をつけ下さい。
と云いながら我が温室仕立ての工房は連日40度を超える暑さの中でなんとか仕事をしています。
大変です。早朝からお昼まではまだ過ごし易いのでその時間帯をせいぜい利用して午後は永いお昼休みです。
3時過ぎから仕事を再開、なんとか一日の仕事をこなしています。
IMG_0533_2.jpg
IMG_0534_2.jpg
そして毎日収穫する野菜、嬉しいことですが大好きなキュウリが出来過ぎて困っています。
しかも毎日採り忘れがあるので大きくなり過ぎたものが混ざっています。
しかしそんなものも朝のガスパチョなどに利用してなんとか野菜だらけの食生活を楽しんでいます。
IMG_0535.jpg

久しぶりの投稿です

永らく忙しさにかまけてブログへの書き込みをサボってしまいました。
先月中旬あたりから突然いろんな方から連絡を頂いています。
その大きな要因はNHKテレビでの私を取り上げてくれた「猫のしっぽカエルの手」の再放送があったようです。
まったく知らずに過ごしていたので知り合いから連絡をもらいびっくりでした。
つくづくテレビの影響の大きさを再確認いたしました。
みなさん、ありがとうございます。
そんなこんなで以前募集をかけた勉強したい人、アシスタントを探していますにも
数人の方から連絡をいただきました。未だ決まっていませんが近い内に決めたいと思っています。
さて仕事の方は相変わらず「帯」を主体にして進んでいます。
季節にあったもの、季節を先取りするものなどいろいろ考えるのですが
やはりその時々に自分が思うデザインあるいはやりたいものになっていってしまいます。
写真を数点、最近の織り上がったものと今取りかかっている経糸の染めです。
IMG_0437.jpg
IMG_0440.jpg
IMG_0444.jpg
IMG_0419.jpg
 

染織を学びたい人探しています

染織に興味があり学んでみたいと思っている人いませんか?
 
こちらの工房では現在私、冨田潤と堀ノ内麻世の二人で活動しています。
仕事としては「帯」の制作を主にしながらも敷物(ラグ)やタペストリー、のれんやショールなど
いろいろなものをつくっています。広い工房には現在7台の織り機を設置しています。
それぞれつくるものによってそれに適した機を使って仕事をします。
もちろん糸染めもやっています。染め場も広く、個人の工房としてはかなり設備も整っています。
使用する糸も絹やウール、木綿、麻などそれぞれの用途によって使い分けています。
薄い布からラグのような厚い布までいろいろなものを織っています。
私の永い染織活動で培った経験や技術を自分用に開発したり改善したりしながら
この工房での独創的な作品をつくっていると自負しています。
真剣に染織を勉強したい人、元気な人、田舎の生活にも対応できる人、そんな人を捜しています。
経験の有無は問いません。
気になる方はメールで問い合わせください。
具体的な中身は直接の話し合いで対応したいと思っています。
メールアドレスは下記です。
juntomita-weave@w3.dion.ne.jp
IMG_1954.jpg
IMG_0267.jpg  
IMG_0288.jpg

織り機いただきました

以前ブログで機を探していますと書き込んでいました。
そして縁あって機を一台頂くことになりました。
もともとは東京手織り機のSuper Mini 800 を探していましたが
今回は同じ東京手織り機のものですがKSP52 という小ぶりの機をいただきました。
分解されて届いた機をもう一度組み立ててみるとどう見ても身長183センチの僕には
使えない(なんとか座れるけれど動けない)!!!
どうしたものかと少し考えてみると下駄をはかせてやるといいかもということで
なんとか僕でも使えるように変えれるかもとさっそく材料を調達して作業をしました。
しかしこの機、国内をあっちこっち旅しスウェーデンでも主といっしょに暮らしとても愛されてきたものでした。
それを粗末にノコギリや釘を使って改造したくないと思いました。
できればいつでも元に戻れるようにしたいと考えました。
そうして改造し出来上がった機は満足のいく形になりました。僕でも充分使えるものになりました。
自分がしたい織りに充分働いてくれるものになりました。
お譲りいただいたFさんにはほんとうに感謝です。
丁寧に梱包されて届いたこの機、どれくらい愛されてきたかが梱包を解くたびに感じられました。
ありがとうございます。しっかり木枠まで作っていただいたご主人にも感謝です。
まだお会いしたこともないご夫婦ですがどこかで繋がった縁を感じます。
IMG_0061.jpg
IMG_0059.jpg
IMG_0060.jpg

雑誌「なごみ」に紹介されました

淡交社が出版している雑誌「なごみ」の中に「きものめぐり 誰が袖 わが袖」 と題した
連載記事があります。書かれているのは青木奈緒さん。幸田露伴、幸田文、青木玉と続く
幸田家4代目の文筆家。
常々私が思っている染織のことやこうあったらいいなと考える仕事のことそして生活のことなど
帯にまつわる話しをしながらのインタビューを青木さんがしてくれました。
この度そのことが記事となり雑誌に取り上げられました。
とてもうまく私の想いを拾い上げていただきました。ちょっとよく書き過ぎかなとも思いますが
私としては満足な記事として書いていただきました。
口べたな私に成り代わって云いたいことを表現していただきました。
IMG_0051.jpg
 IMG_0050.jpg

アシスタントを募集します

制作助手としてのアシスタントを募集します。
詳しくはメールでのやりとりで進めたいと思います。
メールアドレスは:juntomita-weave@w3.dion.ne.jp
また先日もお願いしましたが織り機を探しています。
東京手織機 Super Mini KM-800
もしこれをお持ちの方で使われていない方、あるいはそんな人をご存知の方お知らせ願います。
124.JPG
 

機を探しています

先日、投稿した時には機にかかっていたものが先日織り上がりました。
草稿の段階でイメージしていたように仕上がりました。また可愛いこどもが生まれた感じです。
さっそく東京は青山 八木さんに行きましたので機会があれば見てやってください。
さて、現在帯用に2台の機を常時使っているのですが他の仕事をする時用にもう1台(2台)
機があればいいなあと考えています。もちろん広幅用とかラグ用の機はあるのですが、、、。
と云うことでもし使われていない、あるいは不要になった機をお持ちの方がおられましたら
譲って欲しいと思っています。
私の希望している機は東京手織機製のSuper MINI  KM-800 です。
もしお持ちで使ってられない方、あるいはそういう方をご存知の方お知らせください。
是非ともそれを活用させていただきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。
代わりに東京手織機製のKH-1200 ろくろ式4枚綜絖をお譲りすることが可能です。
IMG_2034.jpg
IMG_2031.jpg
IMG_2032.jpg

遅ればせながら、新年のご挨拶です。

大変遅くなりましたが明けましておめでとうございます。
永らくのご無沙汰失礼しました。
昨年末から雪がよく降っています。今日も20センチ程降り積もりました。
雪の日は寒さはさほどでもなく犬は喜んでいました。
工房の隣の廃屋にも雪が降り積もりました。
IMG_1955.jpg
さて、昨年末に染め上げていた帯をようやく今日織り終わりました。
思い描いていたように出来上がったので我ながら喜んでいます。
IMG_1954.jpg
お腹の部分になります。
IMG_1956.jpg
太鼓の部分です。
IMG_1961.jpg
太鼓とタレ。
今年の抱負としては新たな分野に(デザインや仕事の領域など)広がりを持ちたいと願っています。
まだまだ努力し、頑張らなければと思っています。