JUN
TOMITA
TEXTILE STUDIOKYOTO, JAPAN

BLOG

経糸を機に巻き取る

2013/04/12

染織を始めてから40年が経ちました。

この間に日本のいろんな方々の工房を見る機会がありました。
また幸いにして日本をはじめオーストラリア、イギリス、アメリカ、北欧3国、
スイス、オランダなどの国々の美大で教える機会をいただきいろんな工房や設備、
道具などなどを見る機会に恵まれました。
 
私は主に日本の絣の技法を教えることを要請されて行ったのですが
教えにいって思い知らされたのは日本でやっていることをそのまま
伝えられないということでした。
文化や設備、道具の違い、素材や状況や時間的制約などを考えると
自分でやっていることを丸ごと伝えても意味がないことも多々あるということです。
 
そこでその場に一番あった改善策を考え、提供することを心がけてきました。
その経験が自分自身にとっても非常に勉強になったと思います。
 
この経験が私に一つの大きなヒントを与えてくれました。
染織をしていくとき、それぞれの行程をいつも同じようにする必要は
ないということです。また、この道具はこのようなときにこのように使うもの
という風に限定しないということです。
そのときの状況や素材などと相談して決めてやればいいということです。
 
また道具に関して云えば、今自分がしたいことに必要なものを見つけて
使う、まさしく手の延長のものを探してやるということです。
それが常識的にはおかしくても必要であればそれでいいのです。
私の工房にはあっちこっちに漬け物石やブロックが散在しています。
誰かにちょっと持っててもらう代わりやおもし代わりに重宝しています。
そしてどうしても必要とあれば自分でつくる、あるいはその道具を改造する
そういう度胸も必要になります。
 
こういう風に私が思う事、考える事を今自分がやっていることに
照らし合わせながらこれから少しづつ書いていきます。
染織を勉強している人ややっている人に役に立てればと願います。
 
さて経糸巻きです。
今回は半幅帯を2本分、部分整経器を使って整経しました。
 
 
 
その整経器から直接工房の隅に設置された千巻きに引き延ばし
(とりあえずは帯1本分の長さを)経糸をピンと張った状態で
染めます。(この染めのことは後日また)1本分が染め終われば
その経糸を上記千巻きにいったん巻き取ります。
つまり部分整経器から残りもう1本分の経糸を引き延ばしてやります。
そして残りもう1本の染めを施します。
染め終わったら凸凹のついたクランプで経糸がずれないように
しっかり止めてやります。(写真手前の黒いもの)
 
 
今度は部分整経器から経糸を外し織り機本体に括ります。
整経の始めにつくった輪を利用してロープでジグザグに止めました。
 
 
あとは染め上がった経糸とむこうの千巻きに巻かれているもう1本の
経糸を織り機のほうの千巻きに巻き取ります。
 
 
今回この作業まったく一人でやっています。
そこで必要なのは手前の機に巻き取る分向こうの千巻きに
巻かれた経糸が出てくれないとこまります。
バネを使ってフリクションブレーキを利用しこの問題を解決しています。
 
 
以上。
今回はこのような手順でやりましたがいつも同じではありません。
なにかの役に立てば幸いです。
 
 
冨田潤
https://juntomita.com/wp
 
 

ベニシアと仲間たち展

2013/04/05

 案内が遅くなってしまいましたが昨日から

京都大丸店にて『ベニシアと仲間たち展』が開かれています。
 
彼女とは僕が大好きなイギリス人の友人2人の紹介で知り合いました。
その2人は別々に知り合いお互いには面識はないのですが
どこかに共通する生活や考え方があるように感じます。
そこでベニシアに会って納得。出会う事は必然だったかなあ、、、。
 
展覧会には僕の作品なども何点か出品しています。
時間があればどうぞ覗いてみてください。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

突然の春シーズンに突入

2013/04/02

 昨日、一昨日に続いて今日も京都にでました。

滅多にないことが続きました。一昨日はただ単に美味しい蕎麦が食べたいという
禁断症状に負けてしまい発作的にお昼にでかけました。30分以上は並ぶのを覚悟で
行ったのですが何故かギリギリ待たずに入れニンマリ。ありがたく美味しいかね○さんの
蕎麦をいただいて帰りました。
昨日、今日は一応仕事。都合で今日は車をJR保津峡に置いて電車で市内に。
保津峡のホームでぼーっと電車を待ってる間下を見ると保津峡は保津川下りの船のラッシュ。
観光シーズンに入ったのだなあと実感。山を見回すとコブシの花があちこちに。
そして山つつじも咲き誇っていました。あまりにも急に春が押し寄せた感じで戸惑います。
市内では時間に余裕ができたのでSou Sou に立ち寄ったら若林さんに見つかりしばし談笑。
iphone 5 用のカバー、脇坂さんデザインのものを手に入れる。気に入りました。
例の1234などの数字のやつです。実は以前脇坂さんが遊び半分で作られた焼き物のマグ、
同じ数字のデザインのやつを大分前に手に入れコーヒーや紅茶を飲むときに使っています。
このiphone のカバーもずーっと使い続ける事になりそうです。
 
 
 
 
 

帯二本

2013/04/01

  今朝、先日干し上がった帯二本を砧打ち(きぬた)をしてふんわりもっちりした風合いにしました。基本は平織りだが部分的に綾織りを差し込み縞のアクセントをつけています。

今日の午後、東京 青山 八木さんに貰われていきました。
 
 
 

部分整経

2013/03/31

昨日は部分整経器を使って経糸を整経した。

いくつかのやり方があるが今回は部分整経器を使って。この方法だとより均一な張力をもった
経糸が得られる。また整経後に機に巻き取り易いという長所もある。
 
7種類の絹糸、太さや撚り具合などの違うものや性質の違うものなどを組み合わせて
経糸を整える。そうすることによって、同じ色を染織してもそれぞれの糸の吸収度合いが
違ってくるため染まった色に深みがでてくる。
 
今回は26本の大管(いつもはその倍ぐらいの本数を使用するのだけど)を使って

10メートルの経糸を442本準備する。半幅帯2本分の経糸である。

 

三度目のブログ再開

2013/03/31

 長い間このブログを中断したままになっていました。

気にはしながらもパソコンの老朽化やカメラとの連携に不安がありついつい後送りにしてきました。しかしこの度やはり大昔から使っていた携帯電話をiphoneに替え、macを買い替えました。それに加え我が力強いパートナーがホームページとこのブログを連携するという私にとっては画期的な作業をしてくれ、素晴らしい環境を整えてくれました。それこそ明日からは「染織の日々」とは別に「ブログの日々」をも楽しむことになりました。どうぞこれから細々ですが皆様お付き合い願います。
 
 
 
さて染織に関しては明日からいろいろ書き込みたいと思いますがとりあえず今とても楽しんで
仕事をしています。昨年末からいろいろの環境を整備したおかげでこれまで以上にスムーズに
仕事ができるようになりました。これから少しづつその辺のことを書き綴っていきたいと思います。
 
とりあえず今日は織り上がった帯2本を早く乾かしたいので外に干してみたのですが

風が強すぎて帯がクルクルなってしまい早々に取り込み工房の中に入れました。

 
 

ホームページ開設

2011/05/22

永らく沈黙しておりましたが、 この度ホームページを開設しました。

 
オーストラリア時代から現在にいたるまでの作品写真や、展覧会写真などを掲載しています。
最新展覧会情報など、こちらのページで随時アップしていきますので是非遊びにきて下さい!
 

勘違い

2009/05/15

JUGEMテーマ:つぶやき。

 

先日一念発起してこのブログを始めたにも関わらずだいぶん間が空いてしまいました。

 
実は僕はパソコンの扱いに全然自信がありません。
パソコン歴は10年近くにはなるのですが初期設定などややこしいことは今まですべて
そういうのが得意な知人や友人にお願いしてきました。
しかし今回のブログの設定はなんとか一人でと挑戦してみたのです。
そしてなんとか設定もでき文章も書き投稿しました。
自分ではちゃんと出来たつもりでした。
そこで果たして自分のブログが見れるものなのかどうかと思いGoogleなどで検索してみても
いっこうに出てきませんでした。
その時点でパソコンに自信のない僕はどこかに設定の間違いがありこのブログは宙に浮いた
状態にあるものと勝手に判断してしまいました。
誰か詳しい人にみてもらはなければ、、、と思い放り投げてしまいました。
昨日友人にこの話しをしたら、一回位の投稿ではGoogleの前の方に出て来る訳がないと教えられ早速後ろの方から見てみると、、なんとこのブログが引っかかってきました。
間違ってなかったのだあとひと安心。
 
これから少しづつ自信をもって書き綴っていきたいと思います。

一念発起

2009/05/12

自分の手で何かつくりたい。

なんでもいいからこの自分の手でつくりたい。
生活する上で必要なもの、遊びのもの。

身の回りにあるいろんなものを自分でつくれたら楽しいだろうな。

そしてそれが仕事として成り立つようになったら幸せだろうな。
そんな想いから始まった20代初め。
いろいろやってみようと思いながら大学をやめアルバイトをしながら
ものづくり人生が出発。
民芸店でのアルバイト。革細工、ろうそくづくり。
木工もいいかな、大工かな、板前もいいかも。 
そんなことを考えていた時に目の前に現れた男の染織作家。
後先考えずに弟子入り。
そしていつのまにやら染織というものを自分の職業にして30数年が経ってしまった。
 
今まで言葉をあまり大事にしてこなかった。
自分のつくるものがすべてであり、それが何かを伝えてくれるだろう。
代弁してくれるだろうと思ってきた。
しかしそれだけでは足りないように思えてきた。
これから少しづつこの自分の想いを綴っていきたいと思う。

NEW ARCHIVE

MONTHLY ARCHIVE

CATEGORY