部分整経

昨日は部分整経器を使って経糸を整経した。

いくつかのやり方があるが今回は部分整経器を使って。この方法だとより均一な張力をもった
経糸が得られる。また整経後に機に巻き取り易いという長所もある。
7種類の絹糸、太さや撚り具合などの違うものや性質の違うものなどを組み合わせて
経糸を整える。そうすることによって、同じ色を染織してもそれぞれの糸の吸収度合いが
違ってくるため染まった色に深みがでてくる。
今回は26本の大管(いつもはその倍ぐらいの本数を使用するのだけど)を使って

10メートルの経糸を442本準備する。半幅帯2本分の経糸である。

 

三度目のブログ再開

 長い間このブログを中断したままになっていました。

気にはしながらもパソコンの老朽化やカメラとの連携に不安がありついつい後送りにしてきました。しかしこの度やはり大昔から使っていた携帯電話をiphoneに替え、macを買い替えました。それに加え我が力強いパートナーがホームページとこのブログを連携するという私にとっては画期的な作業をしてくれ、素晴らしい環境を整えてくれました。それこそ明日からは「染織の日々」とは別に「ブログの日々」をも楽しむことになりました。どうぞこれから細々ですが皆様お付き合い願います。
ちなみに私のホームページは http://www.juntomita.com  です。
さて染織に関しては明日からいろいろ書き込みたいと思いますがとりあえず今とても楽しんで
仕事をしています。昨年末からいろいろの環境を整備したおかげでこれまで以上にスムーズに
仕事ができるようになりました。これから少しづつその辺のことを書き綴っていきたいと思います。
とりあえず今日は織り上がった帯2本を早く乾かしたいので外に干してみたのですが
風が強すぎて帯がクルクルなってしまい早々に取り込み工房の中に入れました。